一般社団法人 大阪金属プレス工業会|ご挨拶  

ご   挨   拶



 本会は、一般社団法人及び一般財団法人に関する法律の施行に伴い、平成25年7月30日に(7月22日大阪府知事認可)「一般社団法人 大阪金属プレス工業会」(略称 OMSA)として、新たな一歩を踏み出しました。
 戦後、金属プレス業界の親睦団体であった「近畿プレス加工工業会」を母体に、昭和41年5月に、業界の近代化を目的として「大阪府金属プレス工業会」を設立。昭和51年5月に大阪府知事より社団法人の認可をうけ、公益業界団体として活動してまいりました。
 この間、中小企業近代化促進法による構造改善事業、中小企業能力開発推進事業ならびに中小企業労働力確保法に基づく各種支援制度を活用し、金属プレス加工の生産技術の向上、労働福祉の改善、経営基盤の強化、合理化の推進、人材育成等様々な事業を展開してまいりました。

 また、プレス機械の本質安全化をいち早く推進し、業界の代名詞であった3Kの払拭等イメージアップにも心血を注いでまいりました。
 本会は、これからも経済構造の急激な変化ならびにグローバル化に的確に対応し、金属プレス業界が更なる飛躍発展できますよう、会員の皆様共々邁進してまいります。



	                                               一般社団法人 大阪金属プレス工業会
	                                                       代表理事 夏 山 享 啓